成約はゴールではなくスタート

学生時代から、接客業をしたいと考えていて、もともと車やバイクが好きだったので、なにかしら車やバイクに関わる仕事にたずさわりたかったんです。ブレーキだけを取り扱う会社も見学したのですが、一番喜んでいただける商品はやっぱり車そのものだと思いましたし、本田宗一郎さんのチャレンジ精神が大好きで、また、大阪を出ていきたくないと考えた結果、Honda Cars 大阪を志しました。

やりがいを感じるのは、なんといっても成約の瞬間です。成約はゴールではありません。ここからお客様との長いお付き合いが始まるわけですから、車を気に入ってもらうことはもちろん、私との交流を楽しんでいただき、私自身を気に入っていただけるよう心がけています。

ON・OFFの切り替えを大切に、頑張り続けたい

仕事をするうえでは、ONとOFFの切り替えを大事にしています。仕事はまじめに、飲みに行っているときなどのOFFは、失礼のない程度に、ただただ楽しく過ごすことを考えています。

営業成績で、継続的に表彰されている方々がいらっしゃいます。そういう方たちは、スキルがすばらしいのはもちろん、それ以上に「頑張り続けること」を実践していらっしゃるのだろうと思います。頑張ることも大変ですが、頑張り続けることはもっと大変ですから。だからこそ、私自身も頑張り続けたいですね。

最近、近所に西淀川店がオープンしたので、本社から私の担当地域のお客様に、「西淀川店を紹介しますよ」というお知らせが送られたのですが、その回答の中に「新店の紹介は不要。青木くん一筋」と書かれたものがあったんです。これはとてもうれしかったですね。 たった一度の商談で買っていただいた方ですから、その後の交流で、そこまで信頼していただけるようになったのだなと考えると、うれしくてなりません。こんな体験ができる仕事は、なかなかほかにはないのではないでしょうか。

さまざまな面でお客様を守れる人材が重要に

自動車の機能はどんどん進化しており、特に安全装置など、安全面が進化していくと思います。私たちは車を製造するわけではありませんが、お客様に最適な保険やプランなどを提案すれば、お客様の安全を守ることができます。もちろんコスト面の兼ね合いもありますから、お客様のご予算を考えながら、安全の大切さを伝えていける人材が、必要になってくるのではないでしょうか。

私のように車が好き、バイクが好きということは、どこかしら武器にはなります。でもだからといって、車に興味がなければダメというわけではありません。特に営業職は頑張り次第で数字につながりますから、やる気につなげられることはいくらでもあります。お客様の喜びが、自分の喜びと感じられ、車に興味がある方なら、Honda Cars 大阪は最適だと思います。

TOP